サービスダイアグノーシスライン(SDL)

[Service Diagnosis Line]

サービスダイアグノーシスライン(SDL)

 

サービスダイアグノーシスラインとは・・・
サスペンション・ブレーキテスターを使用し、分解する事なくサスペンション及びブレーキの機能・性能を短時間で総合診断します。

感覚にだけ頼っていた、サスペンション性能や数値のみでしか評価できなかったブレーキ性能もSDLでは数値とグラフで分かりやすく評価します。

 

Step1 サイドスリップ測定

sideslip_l

フロントサイドスリップ

直進時の左右に振られるサイドスリップ(横滑り量)をmm/mで測定。

 

sdl2_l

 

Step2 フロントサスペンションテスト

Step2 フロントサスペンションテスト

フロントサスペンションテスト

軸重を測定し、テスターのプレートが上下に震動することで路面へのグリップ(粘着率)を測定。

 

sdl4_lsdl5_l

 

Step3 フロントブレーキテスト

Step3 フロントブレーキテスト

フロントブレーキテスト

転がり抵抗・非円度(歪み)の有無・制動力・操作力の測定。

 

sdl6_lsdl7_l

 

Step4 リヤサイドスリップ測定

sideslipR_l

リヤサイドスリップ

通常は測定されないリヤサイドスリップも測定します。

 

sdl9_l

 

Step5 リヤサスペンションテスト

Step4 リヤサイドスリップ測定

リヤサスペンションテスト

フロントサスペンションテスト同様に軸重を測定し、テスターのプレートが上下に震動することで路面へのグリップ(粘着率)を測定。

 

sdl11_lsdl12_l

 

Step6 リヤブレーキテスト

brakeR_l

リヤブレーキテスト

転がり抵抗・非円度(歪み)の有無・制動力・操作力の測定。

リヤ側はサイドブレーキの制動力も測定。

 

sdl13_lsdl14_lsdl15_l

 

Final 総合判定

 

ユーザー様には以下の結果シートをお渡し致します。

✓SDLの判定結果によっては、別途詳細に調べる必要が発生します。その場合はご相談ください。

 

サービスダイアグノーシスライン(SDL)の結果から何を判断するのか?

何をどうするのか?何が出来るのか?

 

料金


  • 価格は全て税別です。

  • 測定後の結果によりサスペンション・ブレーキの整備を実施した場合は整備後に無料で再測定致します。

5,000円

全車種
 
 

One thought on “サービスダイアグノーシスライン(SDL)

Comments are closed.

© 2016 Kirigaoka Garage All Rights Reserved.